「自然と共に」「魂が喜ぶ暮らし」がしたくてお引越し。そんな我が家の日記やイベント情報です。         このご縁に感謝します。ありがとうございます。
2016年03月31日 (木) | 編集 |
味噌ダレはその家庭の味があります。ばーちゃんと和風が大きなすり鉢でゴリゴリ作りました。
実家では白米を平たく握って焼きます。豆腐・こんにゃく・お餅も一緒に味噌ダレで。
味噌の香ばしい香りと甘さに食欲が止まりません~。
1459422566403.jpg1459422573319.jpg1459422581373.jpg1459422609687.jpg1459422590205.jpg1459422603877.jpg

スポンサーサイト
2016年03月31日 (木) | 編集 |
開幕戦、勇兄ちゃん(私の弟)に連れていってもらいました。
野球観戦は岐阜に来たときの恒例行事になっています。
ドラゴンズの逆転勝利にメガホンを叩いて大興奮!
1459422499376.jpg1459422518145.jpg1459422531599.jpg1459422545303.jpg1459422538117.jpg1459422559142.jpg

2016年03月31日 (木) | 編集 |
春休みに入り、岐阜のばーちゃん家に来ました。
早速山にお散歩。獣の道を進みながら私の目は常に蔓探し。
その蔓と毛糸で海心が3人姉兄妹をイメージして三つ葉のドリームキャッチャーを作りました。
同時にサンキャッチャーにもご縁があり、組み合わせたらとても素敵な出来栄えに!
キラキラ、ゆらゆら、ほわ~んとよい空間を作ってくれます。
1459422457985.jpg1459422466996.jpg1459422473978.jpg1459422482549.jpg

2016年03月25日 (金) | 編集 |
子供たちの歌には、どうしてあんなに大きな愛を感じるんでしょう。
この卒園式の為にたくさん練習を重ねて、今まで園で過ごした思い出やお友達や先生との別れや感謝の気持ちも重なって、大きな愛のエネルギーが大放出されます。
誰もが魂を震わせて込み上げてくる愛しい感情に涙が止まらない。エネルギーが一気に湧きすぎて胸と顔が熱くて涙だけて放出しきれないほどに。
これは、どこのパワースポットにも負けない浄化の場で愛に満ちた場ですね。
「山悟くん~」って毎日呼んでくれたお友達・先生・保護者の方々、感謝感謝ありがとうございます。
17名中、山悟だけ違う小学校に行くけど、この繋がった絆が山悟の宝物です。
「きっと忘れない、忘れたくない」の歌詞のフレーズが山悟の一番の気持ち。
1458910184882.jpg1458907878498.jpg1458910240524.jpg1458907898601.jpg1458907923075.jpg1458907991147.jpg

2016年03月25日 (金) | 編集 |
お山の上のあっちゃんのお宅は見渡す限り森。辿りつくまでに軽自動車でも怖くなるような細い崖道をどんどん奥へ進み、その森で一番奥の民家があっちゃん家。
森の木々がサラサラ、風がそよそよ、小川がサー、鳥たちがピチュピチュ、そんな自然からの声しかない世界。
蔓をフレームにして、毛糸を巻いて編んで。お日様の光を受けながら手作業に心も満ちていきます。
海心が羽をつけると、本当に妖精さんになったみたい。
美味しパスタやデザートまで準備してくれてありがとー。
この天使の羽は、綺麗・可愛い・優しいって感覚でとふわっふわと浮き上がって飛べそう(*^^*)
1458908087155.jpg1458908188155.jpg1458908069584.jpg1458908118963.jpg1458908099208.jpg1458908167007.jpg

2016年03月21日 (月) | 編集 |
ワカメ・ヒジキ・テングサが取り放題。パパはウエットスーツを着てガッツリ潜ってましたが、ほとんどの方が長靴で大きな袋にいっぱい海の幸を拾って入れていました。
今回はヒジキ狙い。でも、ヒジキの処理作業はワカメより時間がかかるんです。なので、綺麗なテングサがいっぱい海を漂っていて拾いたいのを堪えて、見ない見ない。
優しい海の音、水面のキラキラな光、青い空、砂の感触が幸福です。
海の帰りに丹生都比売神社へ。バッハのコンサートが開催されていました。ここは、なんて気持ちの良いところなんでしょう。スーっと身体が軽く、でも大地に根が張れる。子供達は大きな橋を滑り台のようにして遊んでカエルを捕まえて探検へ。
家に帰ってから、ワカメとヒジキの量にちょっとため息(´Д`;) でも新鮮ワカメ、めちゃ美味しい~。だからやめられない≧(´▽`)≦
充実の1日でした☆彡
KIMG3061.jpgKIMG3048.jpgKIMG3053.jpgKIMG3049.jpgKIMG3050.jpgKIMG3057.jpgKIMG3064.jpgKIMG3088.jpgKIMG3090.jpgKIMG3091.jpgKIMG3068.jpgKIMG3078.jpgKIMG3083.jpgKIMG3085.jpg

2016年03月19日 (土) | 編集 |
大阪狭山市男女共同参画推進センターさん主催で「みんな平和に暮らそうよ!」がテーマの集いがありました。その後半が東条雅之監督のドキュメンタリー映画「祝福の海」上映会。30名程の参加者が来られていました。
私は今回が2度目でしたが、パパと子供達が「東条君くんとあきちゃんの映画が観たい!」ということで、参加料無料という懐の大きな企画だということもあり、有り難く家族5人で参加させていただきました。
2度目でも開始5分でハンカチが必要でした。ストーリーがわかっている分、それぞれの場面で語られるメッセージが1つ1つ魂に響きます。3度目はその心に残しておきたいメッセージを書き起しながら観たいな。
主催者の方々も親切でしたし、本当に大切なものや本当の豊かさについて、1人でも多くの方の心に届く事を願って活動されているのを感じました。
その帰り、外食はほとんどしない我が家が珍しく「夕飯はどこかでする~?」となって、河内長野市のインド料理「モダカ」へ。お友達の根っこ農園さんが週末やイベント時に無農薬野菜を販売しているんですよー。
ドアを開けると「ナマステ~」インド人のスタッフさんが挨拶をしてくれます。ガラス越しに調理風景が見えて、ナンが作られて焼かれる手作業は見事で子供達と夢中になって覗き込んでいました。インド舞踊をされているお店のママさんはとってもお綺麗でエキゾチック~。
お子様セットでも大きなナン。いろんなスパイスが効いて味が深いカレーや付け合せが、味もボリュームも大満足!子供たちは鼻の長い象の神様を初めて見て、不思議な顔をしていました。
KIMG3020.jpgKIMG3024.jpgKIMG3025.jpgKIMG3031.jpgKIMG3041.jpgKIMG3036.jpg

2016年03月19日 (土) | 編集 |
木蓮は一斉に花を開こうとしています。
黄色い花々は所々で楽しそうに風に揺れています。
ふきのとうは食べられる前に花が咲いてしまいました。
垂れ桜は蕾が赤くて力を貯めているみたい。
竹林のサラサラした葉音をお供に、うぐいすが歌っています。
KIMG3009.jpgKIMG3010.jpgKIMG3019.jpgKIMG3012.jpgKIMG3016.jpgKIMG3018.jpg

2016年03月15日 (火) | 編集 |
宇宙と繋がって必要なメッセージを伝えてくださる青木史子さんが橋本市でお話をしてくださいます!
自分・家族・日本・地球・宇宙に心と身体が繋がるヒント、ぼわ~んと宇宙規模な事から日常生活に活かせる身近な事まで、ドキドキワクワクな話題が尽きない2時間です。
ピンと来た方、是非繋がりましょう~☆.。.:*・

「見えない世界の歩き方。マツコが教える豊かに活きる48手」
宇宙存在マツコに導かれるまま、私が体験した豊かさを皆さんとシェアし、より大きな循環を生み出したい♪
平和で豊かな未来を創造する為の、マツコからのご案内です(o^^o)
〈内容〉
☆これからの日本と日本人の使命
☆最新チャネリング情報
☆カタカムナで紐解く宇宙の仕組み
☆豊かさの循環、実践編
・宇宙銀行活用法
・カタカムナのススメ
・宇宙のリズムを取り戻す方法

日 程 4月22日金曜日
    11時~13時 お話会  
    13時~    昼食&座談会
※昼食に参加される方はお昼ご飯1品を持ち寄りのご協力をお願いします
場 所 橋本市菖蒲谷207(伊藤宅) 駐車場有り 
※南海電車 御幸辻駅から徒歩15分
参加料 3000円 +(講師交通費÷参加人数)
定 員 8名(要予約)
申込み 参加希望の方はメッセージをください
☆キャンセルは一週間前までとさせていただきます。

変更の場合は当ブログにて告知いたします

講師 青木史子さんのブログ 「えんじのhoi hoi日記」 http://ameblo.jp/treeofeasthils/

d0027893_20112951.jpgmunakata_sanjojin_munakata_sanjojin.jpgE38381E383A3E382AFE383A9E59BB3.jpgyjimage.jpg

2016年03月13日 (日) | 編集 |
我が家の急斜面の竹林を下ると川があって、その手前がキノコ場です。
湿っていて日陰でキノコ菌達もこの環境がお気に入りのようで、ポンポン可愛いキノコが生えてきます。
竹林は傘をさして通れる程度に間引きをしてあげるといいそうですが、なかなかそこまで手がまわらず。
タケノコシーズンになる前までには風通しのよいフィールドにしたいな。
KIMG2992.jpgKIMG2989.jpgKIMG2994.jpgKIMG2995.jpgKIMG2996.jpgKIMG2997.jpgKIMG3001.jpgKIMG3003.jpg