「自然と共に」「魂が喜ぶ暮らし」がしたくてお引越し。そんな我が家の日記やイベント情報です。         このご縁に感謝します。ありがとうございます。
2015年02月27日 (金) | 編集 |
ありがたいご縁で、太っちょトトロが我が家にやって来ました~!
早速、子供たちの歓迎儀式を受けております。
3月15日のわっはっ波イベントでも大活躍してくれそうです。
そして、前回好評でしたしし肉が届きました。冷凍室がパンパンです!
3月もたくさんの方に食べていただけると思います。(あーちゃん)
1425047126793.jpg1425047137575.jpg

スポンサーサイト
2015年02月26日 (木) | 編集 |
バイオレゾナンス(生体共鳴)=ドイツ振動医学について、お伝えしていきます。
【その5】バイオレゾナンス医学会理事長の矢山利彦先生の話から。
バイオレゾナンス法でわかった5つの病因論があります。まず、金属汚染。これは歯と水からきます。次に電磁波。さらに、地面からくるジオパシックストレスという電磁場による影響、そして化学物質汚染、さいごにウイルス、細菌、カビ、寄生虫による潜在感染。病気はこのどれかに起因するということです。金属汚染について。体内に蓄積されて、問題を引き起こす可能性のある金属は数々ありますが、歯科医療を例にすると、歯の詰めものであるアマルガム(ほぼ水銀!)、同じく歯科材料であるパラジウムなどは、人体に明らかに有害。このような歯科的金属汚染は、ときに深刻な健康上の問題を引き起こすようです。よくない歯の詰めものを外すことで、それまで悩んでいた慢性的な病状がうそのように消えたケースが数多くあります。病院に行く前に、まずは歯の詰めものを外してくる。知識として頭に入れておいて損はないと思います。広がりつつある歯科医科統合へのムーブメントを大きくしたいものです。金属汚染とは書きましたけど、金属はミネラル分として人体に微量ながら必須なものです。現代の食において、このミネラルが不足していることはご存じかと思います。ミネラルについては別に報告していこうかと考えています。(いとうちゃん)
2015年02月26日 (木) | 編集 |
バイオレゾナンス(生体共鳴)=ドイツ振動医学について、お伝えしていきます。 
【その4】訂正させていただくことがあります。前回の投稿でレゾナンス療法でキャッチする波動は電磁波であるとの記述をしましたが、違います😣現代科学では証明されてはいませんが、気とか、オーラなどと表現される何らかの波動をキャッチするようです。この人といると気分がいい、この場所にいると気分がいい、そんなときに感じている何らかです。           さて、訂正ついでに捕捉ですが、レゾナンス療法では病気の原因、症状、両方の波動をとらえることができます。インフルに感染したとき、ウイルス自体がもつ波動、もう一つは症状としての喉の痛みなどが発する波動です。レゾナンスでは痛みや心地よさ、喜怒哀楽までもが検知できるのです。治療をするときは、この両方からのアプローチになるようです。これは特別なことではなく、現代医学でも同様だとのことです。
2015年02月16日 (月) | 編集 |
お家に眠っている不要な食器・本・衣類その他日用品を出品しませんか?
まだ使えるものを次の方に有効に使ってもらいましょう。これは!と思えるお宝をゲットしよう~♪
そして、ワカメ汁や持ち寄り料理をつつきながら楽しい時間を一緒に過ごしましょう。
申し込み不要 参加費無料 です。

日時 3月15日 日曜日 10:00~15:00(フリーイン フリーアウト) 雨天決行
場所 橋本市菖蒲谷207(伊藤家) 駐車場有 

★★★お宝を見つけよう!バザー★★★
【バザーで欲しい品が見つかったら】
ご自分(買う人)が金額を決めて、募金箱にお金を入れてください。
【募金は】
わっはっ波運営資金にさせていただきます。
(カブトムシハウスや石釜の制作費の一部として使用し、今後皆様に還元させていただくつもりです)
【お宝(不要品)】
当日、お越しの際にお持ちください。
残ったお宝は当日の15時までに全てお持ち帰り下さい。
屋外に品物を並べますので、必要な方は敷物をお持ちください(雨天の場合は屋内)。

★★★持ち寄り会★★★
旬のワカメを使った温かい汁物とバーベキュー場・燻製マシーン・薪をご用意しています。
焼きたい物・燻製にしたい物・おにぎり・一品料理・果物・おやつ・飲み物(アルコールを含む)などお好きなものををご持参下さい。
マイ箸・お皿・コップ・飲み物をお持ちください。
バサーに参加しない方でもどうぞお越し下さい。

屋内外とも開放しております。
バザーや持ち寄り会をきっかけに、笑顔のわが広がる会になるといいなーと思っております。
気軽にフラっと立ち寄り、チラっと覗いて、ワッハッハと楽しんでくださいねー(^O^)
2015年02月16日 (月) | 編集 |
今日は中潮で潮の引きが甘いのだけど行っとこかーと和歌山市の海へ。
干潮時は9時20分。午前中は風もなく温かかったけど海水はまだ冷たい。磯遊び組の私と子供達は崖登りや石や流木拾い。パパはウエットスーツを着て腰に網を付けて長い柄の釜を片手に歯を食いしばってジャブジャブ全身海水に浸かって来ました。
パパと同じようにウエットスーツを着て海に潜ってワカメや貝を取りに来ているおじちゃんおじいちゃんがチラホラ見えました。通りがかりのおじちゃんは「アワビはとれんなー」と言いながらもサザエがいっぱい入った網を持ってました。海水に入らずとも、潮の引き際を歩くおばあちゃんは背中に竹かごを背負って「中潮じゃああかんわ~。今のひじきが一番美味しいから来週また来るで」と言って打ち寄せられているワカメを取ってました。
来週末は大潮だからたくさんの狩人が磯へやってくるんだろうな。
さて、家に帰ってきて待っているのはワカメ作業です。これが結構大変。
今回はゴミ袋大にいっぱいの量です。
1.井戸水でジャブジャブ洗う
2.ワカメの葉と茎とめかぶに切り分ける
3.大きな鍋で茹でる
4.食べやすい大きさに切る
5.1週間分はタッパーに入れて、保存用は小分けにしてラップで包んで冷凍室
6.飛び散った海水やワカメを拭いたり、鍋やら洗い物お片づけ
今日はパパや子供たちが手伝ってくれたので3時間で片付きました。
茶色いワカメを熱湯に入れると綺麗な緑色にサッと変化するのがとっても美しくて子供達も喜んで見ています。
ポン酢でシンプルにいただくのが一番おいしいです!はぁ~、自然の恵みに感謝です。美味しすぎ~。めかぶは細かく粉砕してだし汁に混ぜてご飯にかけてめかぶ丼。これまたため息もんです。 (あーちゃん)

1424011823251.jpg1424011835768.jpg
1424011844796.jpg
1424011855603.jpg1424011867187.jpg



2015年02月16日 (月) | 編集 |
バイオレゾナンス勉強会(2015.2.11)でのおおまかな内容をお伝えしていきます。           
(その3) バイオレゾナンスで使われるレヨメータという波動送波器と、レヨテストという検知器について。その原型はドイツ人のパウル・シュミットが1970年代半ばに考案したもので、現在は改良が重ねられ、レヨネックス社がその特許を所有しています。装置は大がかりなものではなく、持ち運びができる家庭用サイズのものもあります。お値段は・・・お調べくださいね。ちなみに医療機器扱いではないので、個人で購入することが可能です。資格や免許はいりません。     ダウジングというアメリカやオーストラリアの原住民が水脈を探すのに用いた技術があります。ロッドと呼ばれる木の枝が動き、そのありかを教えてくれます。現代にもダウジングを専門とするダウザーという職があります。バイオレゾナンスではレヨテストがロッドの役割りをして微細なエネルギーの波動をとらえる構造になっています。そして、レヨメータで必要な波動を送ります。レヨメータがどのようにして波動を送り出すかは機密のようですが、一種のアンテナシステムとなっていて、宇宙からのさまざまな種類の波動をアンテナがキャッチし、選択していると考えられています。ちなみに電力は使いません。電気を流すわけではありません。レゾナンス治療を受けてもビリビリ感じることはないです。(いとうちゃん)

平澤歯科医院さんでは、治療するときに座る椅子にレゾナンスの波がでるシーツがかけてあって、そこに寝転がりながら歯の治療とレゾナンスをしてもらえる個室があります。私は毎回そこで、贅沢な時間を過ごさせてもらっているのですが、その日の体調に合わせた周波数をかけてもらえます。風邪っぽいとか、肩がこってるとか、腕がしびれるとか言いたい放題させてもらっています。(あーちゃん)

2015年02月13日 (金) | 編集 |
バイオレゾナンス勉強会(H27.2.11)でのおおまかな内容をお伝えしていきます。

【その2】レゾナンス理論によると、例えばインフルエンザウイルスが体内に入ったとしましょう。インフル自体は独自の波動(電磁波)を出している、つまり、独自の周波数をもっているので、その周波数を測定することで、インフルが体内に存在していることがわかるわけです。そして、そのインフルの波動(電磁波)を打ち消すことで、物質的には体内にインフルはいるのだけれど、波動的にはいないという状態にすることができます。その結果、インフルによる身体への悪影響は起こらないということになるのです。不思議に思うかもしれませんが、事実そうなるのです。
 ではどのようにしてインフルの波動を打ち消すのか?ということですが、インフルの周波数と同じ周波数の波を外からあてることで、それが可能になることが経験的に分かっているそうです。同じ大きさの波どうしがぶつかると、一時的に波が高くなり、その後に凪の状態になることをイメージされるとよいかと思います。
 ここではインフルを例にあげましたが、全ての症例にこのことがあてはまります。平澤歯科医院でのレゾナンス治療により症状が緩和した例。子宮筋腫、子宮膿腫、うつ、更年期障害、肩こり、腰痛、アトピー、膀胱がん、胃潰瘍、十二指腸潰瘍、不妊。 次回は周波数を測定するメカについてお伝えする予定です。(いとうちゃん)
2015年02月13日 (金) | 編集 |
紀見&小峰台地区子育てサークル ぽっぽ&ペコポコのメンバーさんが私の自宅に来て下さいました。
冷えとは何か、冷え取りトークで始まり、青竹やスーパーボールで足つぼセルフマッサージ。「痛いけど気持ちいいー」「足が軽くてぽかぽかする~」って、実感してもらえました。
後半はバランスボールで基本姿勢をチェックして、お子さんと一緒にボヨンボヨン弾んで全身ぽっかぽか。インナーマッスルを使って骨盤を調整しました。
子供たちは時に甘えに来ますが、よく遊んでくれてましたねー。私は子供を連れて何かに参加する時は5割参加できれば良しとしようというのが落としどころなのですが、今日は7割以上集中できる時間を持てたママさんが多かったのではないでしょうか。
体操の後は持参のお弁当を広げて、共通の悩みや視点をもつ子育てママ&おばあちゃん同士のおしゃべりは楽しかったですね。肩こり・腰痛・神経痛・寝不足など、うんうんそうそう~って共感しあえるのが何よりのリフレッシュでした(#^.^#)

トリプルPの話もさせていただいで、橋本市では急遽8回のグループワークを無料で開催することになりました(昨日こども課から電話があったんですよー)。日程はこれまた急で2月18日水曜日から毎週8回です。私は毎週水曜日がお仕事で参加できないから残念。興味のある方は是非橋本市のこども課さんにお問い合わせください。通常1回2500円の受講料を橋本市が負担してくださるのでチャンスですよー!(あーちゃん)
1423832697407.jpg
1423832731964.jpg


2015年02月13日 (金) | 編集 |
バイオレゾナンス勉強会に出てきましたよ~。おおまかな内容をお伝えしていきますね。長くなりそうな気配なので、何回かに分けてます。ビビっと感じた方はご自身でいろいろ調べてみてくださいね。さて、現在バイオレゾナンスに基づいた医療を提供しているのは、国内約100ヵ所。ワタクシがレゾナンスを知ったのは大阪住之江にある平澤歯科医院です。かの有名な亡船井幸雄先生が来院されたほどの歯医者さんです。口腔にある金属をはじめとする異物は体全体に悪影響を及ぼすという理念を掲げています。歯の詰めものに適した材料をレゾナンスを通して開発、提供と同時にレゾナンス療法による身体の総合的なケアを行っています。(いとうちゃん)

10960040_1416426265321777_2408444127897747293_o.jpg

2015年02月03日 (火) | 編集 |
鬼役はやっぱりパパなので、2日早いですが日曜日に節分行事。
豆を投げる、パパにぶつける、そして本当の鬼ごっこ。
子供たちの笑顔が、心に住み着いてなかなか出て行かない鬼さんを退治してくれました。 笑う門に福きたる(^O^) (あーちゃん)
1422888012028.jpg1422888021367.jpg1422888029024.jpg